TOP  >  会社概要  >  代表あいさつ

代表あいさつ

人生は出来るか出来ないかではなく、やるかやらないか。

私は幼少時代より何をやっても長続きがせず、スポーツも勉強も中途半端な人間でした。

しかし、高校に入学して間もない頃、父から『何をやって食べていくか考えろ』と言われ、事業家になろうと決めました。そして、大学は経営学部に入学し、入学と同時に学生ベンチャー企業に弟子入りさせて頂きました。そこで出会った最初の師匠に『人生は、出来るか出来ないかではなく、やるかやらないか』なんだという事を教えて頂き、私の人生が始まりました。

19歳で当社を創業

大学3年生の時に大阪で花と緑の万博博覧会があり、お客様よりパビリオン運営スタッフの学生派遣を依頼された事がきっかけで、同社を退社し、アルバイトスポット派遣(請負)会社として当社を創業しました。16歳の時に決めた事業家になる夢を叶えた時でした。

順調に事業を伸ばしましたが、大学で学ぶ経営学の世界と日々の商売があまりに違ったので、『きっと僕らがやっているのはビジネスごっこなんだろう』と思うようになり、事業家としての経験を積む為に大手総合商社に就職をする事にしました。

商社へ入社。7年後には約600人の従業員を有する経営者に

就職するに当たり、1.自分で商品を作る、2.その商品でグローバル市場を開発する、3.海外に事業会社を作る、4.その会社を経営をするという4つの目標を作り、無我夢中で努力しました。

入社と共にバブルがはじけるという幸運(厳しい環境こそが人を成長させる)と、素晴らしく厳しい上司(ビジネスのイロハを教えて下さった2番目の師匠)にも恵まれ、29歳で全ての目標を実現し、アルゼンチンで約600名の従業員を有するメーカーの経営者になりました。

彼らを守れなければ、経営者じゃない

喜んだのも束の間で、その1年後にアルゼンチンがデフォルトとなり、国が破綻。

年率350%のハイパーインフレと金融機能の停止になり、順調に売り上げを伸ばしていた我が社は一気に運転資金に詰まり、経営危機に陥りました。ブラジル在住の大手企業創業経営者の方に経営のご指南を受け(私の3番目の師匠)、危機に立ち向かいました。

国の失業率が50%を超え、国中に暴動が拡がる中、従業員から20%の給与カットの申し出を受け、『彼らを守れなければ、経営者じゃない』と心から思いました。また、カントリーリスクが高まる中、我が社の重要顧客からは軒並み信用不安の問い合わせを受けましたが、全てのお客様が継続取引をして頂きました。

『従業員を守ること、お客様から頂いた信頼に応える事』こそが経営の本質であると気付き、現在の経営理念の基礎となっております。

競合他社が潰れていった結果、会社設立から3期目で業界トップシェアとなり(但し、32歳にして髪の毛が真っ白になり、胃に2つ穴が開くという凄まじい経験と引き換えでしたが)、本社への帰任辞令を受けました。入社10年で全ての目標を達成した事もあり、事業家としての次のステップを模索しました。

10年ぶりに自社へ復帰。借金を背負って再出発

折りしも大学時代に創業し、その当時は既に他の方が経営をしていた当社が経営危機に陥っている事を知りました。当時流行っていた事業再生を経験したいと考えていた私にとって、素晴らしいご縁に感じ、迷わず10年ぶりにエイブルワークに復帰しました。持ち家・貯金・車などを処分し、自己資本の8倍ほどの債務超過に陥っていた当社を買い取らせて頂くと共に、3億6千万円の借金を背負う事がスタートでした。

MINAGINE(みんなの人事部)事業の立ち上げ

当社取締役の野崎と共に、約4年間かけて実質無借金にする事が出来ました。

人材サービス事業の売り上げを伸ばしていく中で、経済環境と法律変更という外部要因にあまりに左右される事業である事を痛感すると共に、日本の人事が社会環境の激変に対応し切れておらず、このままでは企業とそこで働く従業員の物心両面の幸福を実現する事は出来ないと感じ、新たな時代を創るに相応しい人事の担い手となる事を決心し、MINAGINE(みんなの人事部)事業部構想を立てました。

経営者の大先輩である4番目の師匠や神戸大学経営学部前学科長の金井教授にもご指導を賜り、現幹部社員である野口や仲川達と共に、事業を構築して参りました。

最後に

これが、私の理念や信念を持つに至った原体験です。これからの当社の未来物語は、日本唯一の人事屋としての使命を全うし、『人事力の向上で全ての企業を元気にし、そこで働く従業員の皆さんの幸福を実現する』事です。

その為に必要なサービス・商品を開発し続けます。人事労務は豊富な専門知識は当然の事ながら、広範に亘る経験がモノを言う仕事です。特に、日本は誰も守れない時代錯誤の労働法と終身雇用の名残により、常識が各社各様です。

また、人事は相手がヒトですから、同じ局面でもソリューションが異なります。転職が一般的になったわが国においても、『我が社独特の…』がもはや通じない社会になってしまいました。

それ故に、中小企業から超大企業までありとあらゆる企業様の人事労務を経験させて頂いている人事屋ならではのノウハウを是非ともご活用ください。

株式会社エイブルワーク
代表取締役 佐藤 栄哲

 ピックアップサービス


  • 社外人事部サービス 

    人事の力で企業は成長できる!成長を志向される中小・中堅企業様を人事の力でサポートいたします。


  • 人事評価システム 

    クラウド型の評価表を用いて、目標設定や評価を行うシステムです。運用に特化しています。


  • 勤怠管理システム 

    業務効率化とコンプライアンスを同時に実現していただける勤怠管理システム(クラウド)です。


  • 人事評価運用支援パッケージ 

    現状分析から制度構築、導入支援、実際の運用まで一貫サポートさせていただきます。