TOP  >  会社概要  >  役員・幹部紹介

役員・幹部紹介

野崎 友邦 (取締役)

慶應義塾大学法学部卒業。株式会社京都銀行に入行し、約10年間、法人融資営業、新規顧客開拓を中心にを行う。その後、当社入社。人材サービス営業部マネージャー、営業部部長などを歴任した後、取締役就任。管理部門統括、新規営業担当者を経て、現在はMINAGINE事業部統括を行う。人事・労務分野では、自社及びクライアント企業において、労使トラブルや団体交渉の対応、 人件費を中心とした経費コントロール、過重労働を改善する為の業務改善及びチーム運営、勤怠管理・給与計算業務のオペレーション構築、人事制度の構築などを行う。

野口 敦至 (労務管理サービス部 部長)

同志社大学経済学部卒業。日本板硝子株式会社に入社し、バブルに沸く首都圏大型ビル物件向け板ガラスの営業を担当。その後、代理店管理の部隊に転属され、東京、名古屋、長野の大型代理店を担当。製品の販路、販売数量を拡大し、代理店の経営環境を好転させた。2008年エイブルワークに入社。人材サービス事業部営業担当を経て、事業部長就任。コンプライアンス、従業員のモチベーション維持・向上に留意しながら、質的・量的に最適な人員配置を提案し、クライアント企業の人員最適化と自社の収益化を両立させるサービスを提供。2014年経営戦略本部長に就任。成長を続ける自社体制の整備に取り組んでいる。

仲川 正将(パッケージシステム部 部長)

大阪市立大学商学部卒業。在学中に、当社と神戸大学金井壽宏教授との共同研究プロジェクト(モティベーション研究)のメンバーとして、研究・新サービス開発を推進する。 2007年当社に入社。人材サービス事業部の営業担当として数百名の人事労務管理に携わる。その後、新規事業であるMINAGINE(みんなの人事部)事業の立ち上げに参画。主に、新規法人開拓を担当し、社員教育プログラムの設計、勤怠管理のシステム化、就業規則整備等、成長・ベンチャー企業に特化した人事制度設計等、数多くの企業様のご支援する。現在は、全サービスの営業責任者として、営業・マーケティング戦略全般のマネジメントに携わっている。

佐井 高志(CTO)

中央大学理工学部卒業、中央大学大学院理工学研究科修士課程修了。在院中の研究 「製品属性と使用者・使用状況の関わりに基づく人的エラーの予測」 で、2014年日本品質管理学会の研究奨励賞を受賞。 2002年、新卒でフューチャーシステムコンサルティング(現フューチャーアーキテクト)株式会社に入社。流通業の情報系システムを中心に9つのプロジェクトに従事。 2008年より当社入社。システム開発の責任者として、「MINAGINE就業管理」 などの開発を担当。2012年より オフショア開発を推進、ベトナムに駐在してシステム運用保守・開発を担当。現在は全社的なシステム利用方針策定、業務のIT化推進に取り組んでいる。

三田 弘道 (社会保険労務士法人SCS大阪 代表社員/社会保険労務士)

大阪大学工学部、大阪大学大学院情報科学研究科修士課程修了。 在院中に社会保険労務士資格を取得する。 2010年、新卒で株式会社エイブルワークに入社。 給与計算アウトソーシング事業部にて1000人規模の会社を始め、 多数の給与計算および労務管理を行う。2013年よりペイロール事業部 BPOチームリーダーに就任。労務管理のスペシャリストとしてお客様に『安心』をお届けするべく、 人事労務システムの構築、BPOサービスの向上に携わる。2016年1月より、社会保険労務士法人SCS大阪の設立と共に、代表社員に就任。グループの社労士部門として、更なるサービス向上を目指している。

 ピックアップサービス